スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お悩みに対する回答をします

前回記事で、名無しより英文による書き込みをいただきました
勝手ながら翻訳してみると、なんだかお悩みのような内容でした。
それに対するレスを書いていたら、結構な長文になってしまったので、記事として書かせていただきます


名無しの英文の翻訳

これはあなたの現実です、それにとても向かいなさいと、親切に私にマネージャー残念を話して、私にさよならを言う単純な線で新聞を引き抜いている男が言いました。私、現在私が私が最後のdicadeのために24時間働いたオフィスから歩いて、仕事疲れた男性が現金のrecieveビットに予想した33才、永久に今度は。私はどうあっても応募しなくて、単に会社に専念しました、そして、その感覚において、あなたは私を奴隷(彼の職業の単純な、思慮のない奴隷)と呼ぶでしょう。オフィスから歩いて、私は心臓をemptynessでいっぱいで、都心に向かいます。歩行者は忙しく見えます。そして、休日でなかったと私に思い出させます。男性は、彼の顧客(私は推測しました)に呼び出しをし始めます。それから、すべてsuddenly,withoutが少しも署名するように、恐れは私の心臓で育ちました。ああ、現在、私は失業中です。


なんだかちょっとよくわからないけど、疲れたのなら無理をせず、休憩する時間も必要だと思います
仕事をしなければ生計を立てるのが困難であればそんな余裕なんてないと思います。
しかし、多少なりとも余裕があれば、これをチャンスと思ってもいいんじゃないでしょうか?
私も一度、一身上の理由により職を去った時期がありました
今までの積み重ねがすべて無くなってしまい、収入も途切れ、不況の中に放り出されたようで、今後どうなっていくかもわからない大変不安な心境になっていました
しかし、そんな時に、ある人から意外な言葉をいただき、その時の私の胸に強く響きました


人生は一度きりなのだから、落ち込んでいてはもったいない
人生のうちに、自分の時間を自由に使える時間なんて、そうそうないんだ
仕事をやっていれば休暇なんて限られている
仕事をしていない今こそ、人生の長期休暇を得ることができたと考えなさい
私も、そういった時間で、自転車で日本を横断したことがあります
こんなこと、仕事をしていたら絶対に出来ない
夢を叶えることが出来てとても有意義だった
そして、今の状況はチャンスだと思いなさい
可能性なんていくらでもある
ひょっとしたら、今までよりも良い人生が待っているかもしれませんよ
せっかく長期休暇が始まるのだから、前向きな気持ちで楽しみなさい
そして、気持ちの整理が出来てから仕事を探せばいいんですよ


その言葉は、落ち込んでいた私の心を揺れ動かしたのは言うまでもありません
物事は、考え方によって様々な見え方を呈します
暗いことばっか考えていると、天気がいい日でも景色が灰色に見えませんか?
嬉しい時って、なんか、風が吹いていないのに、自然が躍動しているように見えませんか?
人生、メリハリを持って生きていけば、例え仕事も何もしない時間だってそれは逃げでもなんでもないと思います
人生一度きり。。
どうせなら落ち込んでいるより楽しい気分で生きていったほうが明らかにお得だと私は思います
…非常に難しくもありますけどね
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

('A`)もっと良い翻訳無いのかな?

No title

いや、きっとあるはずなんだけどね
ちょいと妥協した
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。