スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バス会社に対する苦情について(経過)

先日あったバスの事案の件について、実際に行動に移すべく、ネット等を活用して様々な情報を得た結果、苦情を申し立てるべき場所は大体目星がついたものの、本当にそこでいいのか確証が持てなかったため、実際にその会社のバスの運転士に訪ねてみることとした
その回答は、概ね予見していたのだが

「そちらにこの会社の連絡先が書かれているので、直接そちらにお問い合わせ下さい」
と、想像通りの回答であった

まだ、その会社に苦情を言うつもりはなく、今回は、どこに苦情を言うべきか知りたかったため、その旨をその会社に電話にて聞いていたところ、話をしているうちに、その時起きたことがフラッシュバックしてきてしまい、結局、その場で起きたことの一部始終、憤り、要望等を話すという状況になった

それに対し、会社側はその運転士と連絡を取り、事実確認をした上で再度連絡してくれるということで落ち着いたのだが、予定とは異なり、少々先走ってしまった結果となった

自分が乗車した日時、場所を覚えている限り、ドアの誤作動により乗客に負傷させた運転士は、会社が調査すればすぐに特定することが出来る
果たして、その運転士は否認をするのか、非を認めて謝罪するのか…。。
すべては、会社からの折り返しの電話が握っていた

しばらくして、自宅にて仮眠を取ろうかと思っていたところ、その会社より着信があったため出てみると、先ほどの担当者とは異なる苦情処理担当の者、つまり、お客様相談窓口の方と思料される人が電話の向こうにいた

会社側の回答としては、
「事実確認のため、当該運転士に確認をしたところ、ドアの開閉の誤操作により、お客様に負傷させたことは間違いありません。その際、本人が謝罪をしなかったことにつきましては、お客様がドアに挟まれたあとに車外に出て行ってしまったため、お言葉をかける余地がなかったからと申し立てております、云々…。。」

といった、非を全面に認める謝罪の内容であった
だが、一つ腑に落ちないことがある

確かに自分はドアに挟まれたあとに、外に出る勢いのまま車外に出た
なぜなら、物理学的に、外に向かうエネルギーが働いている状況下において、ちょうどドアに挟まれたならば、後ろ、つまり車内に下がるより、前、つまり、車外に出るほうが容易だからである
自分は、車外に出てから、一旦バスの方向に振り返り、運転士を目視していた時間的事実がある
その時、運転士はこちらを見ていない

そもそも、バスには車外にいる人に向けてマイクで話すことができる
従って、自分が車外でバスに相対している時に、マイクにていくらでも謝罪出来たわけだ
もしかして、故意?と考えてしまう余地さえある、非常に腹立たしい出来事である

厳密に言えば、この事案は、刑法第211条「業務上過失傷害罪(業務上過失致傷罪)」である

この法律は、本来プロとして仕事をしている人に対する意識、注意を高めるための法律であり、交通事業に限らず、病院や建築業などは、業務を遂行する上で、人の生命、身体、財産に危害を及ぼす可能性があることから、業務を遂行するいわゆるプロは、特段の注意の上、業務をこなすべきであることは言うまでもない

また、プロであるから、一般の者より事故のないよう格段の注意を払う(払える)のが当然であり、その者の過失により生命、身体、財産等に危害を及ぼした場合に、業務上過失として罪に問うことが出来る法律なのである

従って、本件事案は、運転士の過失によりドアの開閉操作を誤り、よって、乗客に怪我を負わせたのであるから、業務上過失傷害罪に抵触しうると断言しても過言ではない

また、民法715条にあるように、こういった事案が発生した場合は、その業務に携わせた者、つまり、使用者にも責任を追及することができる

とは言ったものの、こんなことで訴訟を起こしたり、警察沙汰にするつもりは毛頭無い
俺は、謝罪がほしいだけなのである

今回は、結局電話での回答、謝罪となったが、これでは内輪で片づけられる虞(おそれ)がある
文章にして、確実に形として残したいし、この会社の親会社にも、この事実を知ってもらいたい

ということで、後日、当該会社の社長及び、親会社(グループ本社)の社長宛てに本件事実と、誠意ある対応をしてもらいたい旨と、当該運転士に対する厳正な処分をしてもらいたい要望を書いた手紙を出すことにする
手紙を出すことについては、その会社にも了解済みなので、なるべく早く出したいところであるが…。

他にもやること、やりたいことがたくさんあるのに、なかなか、時間がいくらあっても足りないな。。まったく!

※刑法211条 業務上過失傷害罪については、自分の法的解釈も入っているので、詳細についてはご自身でご確認下さいませ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

('A`)外出ちゃったら諦めるしかないよ

>>にゃろ
仕事中にたくさんその会社から着信があったんだが…。。
更なる展開がありそうだ

Q太郎の執念きもいw

せやな

Re: タイトルなし

>>名無し達

お金払って利用している以上、不利益を被ったら、いち、国民として権利を行使すべきだと思います
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。