スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事とは、言葉とは…?

昨日の勤務は、いつもと違っていた
業務内容に変化はない。
その違いとは、職場の雰囲気だった
きっかけは、自分の小さなミス
普通は、同僚、部下の失敗を見つけた場合はなんのことはない、そっと注意してあげればいいもの
それなのに、自分の失敗に対し上司は、それこそ鬼のような顔をして真っ赤にし、職場中聞こえるように怒鳴りちらし、あたかも雷鳴の如く怒りつけた

そう、これは怒りであって叱りではない
同じような意味にとらわれがちだが、叱る、は相手を説諭し改善させる教育的指導を意味しているが、怒る、は憤る感情をそのまま相手の気持ちを考えずにぶつけること。
まさに後者だった
怒ったあとのフォローもなにもない
なんでこんなことでこんなに怒られなきゃならないんだろう
言い方、やり方は他にもたくさんあったはずなのに、なぜ人の気持ちを無視して怒りだけをぶつけなきゃいけないんだろう…
なんて器が小さい人なんだろう…

と、ショックを隠せず、気分は落ち込む一方だった…

仕事中もそのことが頭をグルグル周り、どうしたら良いのかと悩んでいるところに、ふと、他の上司に声をかけられた


気にすんな
みんなあんなことで怒鳴ること事態おかしいって思ってるよ
その人は人として小さいだけ、きっと友達もいない
可哀相な人だと割り切ったほうがいい
だから気にすることはないよ


…それを聞いた時、自分の胸が熱くなるのを感じた

誰かに悩みを打ち明けたい、聞いてほしかったと思っていたまさにその時の暖かい言葉に、自分はどれだけ救われただろう

気付いたら、その人に感謝の気持ちを言葉にしていた
感謝せずにはいられなかった
この胸の熱さを伝えたかった
ちょっと視界がぼやけた気がした

言葉って不思議である
人をこんなにも落ち込ませ、悩ます反面、こんなにも感謝の気持ち、安堵感を与えることもできる
一字一字の集まりなのに、それが集合して文となり、言葉として発することにより、なんて人に影響を与えるのだろう

また、仕事はお金を稼ぐためだけではないことを再認識した

仕事をする過程において、コミュニケーションはどうしてもとらなければならない
人間関係構築は仕事以上に難しいこともある

今回の経験は仕事をしていなければ体験できなかっただろう
仕事はお金を稼ぐ以上に、人間的に成長させてくれる機会なんだな、と思わせる一日だった
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

No title

まあ、ミスはミスで反省しなきゃならないな。次だよ次。
嘆いてばかりいながら年取るより、モノクロームな世界に色をつけていこう。って誰か言ってた。

いいね。
為になったよQちゃん。

頑張ってるのう( ´∀`)飴と鞭とが使い分けられてる職場だな

No title

だから今日もJS画像で一発抜いた まで読んだ

時間が全てを解決してくれるさ
FF14やろーぜー
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。